インプラントに関する情報が満載!

インプラントの通院は通常の治療で6回くらいになります

インプラント治療の通院と期間は、手術方法によっても変わってきます。
しかし、一般的な手術と治療方法で通院回数で6回は必要になります。
また、期間は最短コースで3ヶ月、込み入った治療になりますと1年間ほどかかります。
インプラントの治療方法は、すでに失われてしまった歯根に代えて顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術をしなければなりません。
この人工の歯根がしっかりと顎に定着してから、その上に歯を作成するものです。
そのために、歯根が固定するには最低でも二か月、人によっては6ヶ月かかる人もおります。
この治療で一番重要なのは、人工の歯根(インプラント)を定着させることにあります。
良くトラブルが起きるのは、急ぐあまり定着しないうちに歯を作ってしまうからです。
また、この人工の歯根を埋め込む前に、歯を増やす手術をするケースもあり、この場合は1年以上かかります。
この治療は、通常の虫歯治療と違いメンテナンスが大切になりますので、どうしても通院期間が長くなります。

インプラントの通院は何回必要?

インプラントは手術を伴う治療方法で安定するまでにある程度の期間を要することから、その開始から完了までの通院回数が気になる方も多くなっています。
そこで、具体的な通院回数に関しては、事前カウンセリング及び検査と実際の手術、術後のメンテナンスと3段階に分けることができ、口腔内の状態や必要なインプラントの数等個人差やクリニックなどによっても異なりますが、平均的には、まずカウンセリングや検査では2~3回の通院が一般的となっています。
また、この際事前の歯科処置を要する場合にはこれにプラスαの回数が必要なケースもあります。
そして、実際の手術ではインプラントを顎に埋め込む手法が1回法であれば1~2回、2回法であれば4~6回、また骨や歯茎の移植手術を要する場合にはそれぞれ約2~4回が必要とされています。
そして、状態が安定した後に人口歯を作製する為に約3~6回と、特に本数によって幅があります。
あと術後のメンテナンスは、年に2~4回定期的に通うことになります。

おすすめWEBサイト


医療用ウィッグ ミディアム


Last update:2019/10/3


ページトップ↑

『インプラント 通院』 最新ツイート

@i_oralsurgery

口腔外科やインプラント治療が専門のため、虫歯治療などの一般歯科治療には対応しておりません。 ただし、通院中の患者様の簡単な処置に限り、一般歯科担当医による一般歯科治療を行っています。 また、歯科衛生士による予防処置やメインテナンスなども、積極的に実施中です。

4日前 - 2020年08月05日


@202001baby

5時半起き…くぅぅぅ。そしてわたくし奥歯が痛い…ヤバイ…インプラントで通院してるのになぜこのタイミング😭

4日前 - 2020年08月04日


@cororinpa

3週間ぶりに歯医者通院。抜歯後の経過と虫歯治療。抜歯後の処理はブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの選択肢を提示された。抜く前に教えてくれれば、もうちょっと不安が少なかったのになぁ…。

6日前 - 2020年08月03日